M・シュナとボーダーコリーでフリスビーを楽しんでいます!!
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動物と共存する向かい合うって、、、、
2013/09/14/ (土) | edit |
この間まで、夏だ~って思っていたら、、
なんだか、秋になって、9月も半ば、、
今年もあと3ヶ月半って、、、

とにかく、夏からあくせくとプロジェクトが
加速し、、あくせくとフル稼働。。。
久しぶりのサーバ構築でしたが、いやはや技術
の進歩に驚くばかりで、、、とにかく毎日遅く
まで頑張った。
構築が完了し、残すところドキュメントのみと
なりましたが、稼働するサーバがこれから数年
全国、全世界の生活の糧になると考えると感慨
深いものがある。。

って安堵しているのもつかのま、、、またまた、
次のプロジェクトが目の前に、、、
いやはやしばらくはゆっくりできませんな。。。

忙しい中で、犬たちとの接する時間がどうしても制限
される。それは生活していくために仕事しないといけ
ないわけで、、、、生活あっての犬ごと。
2ワンズに美味しいフードをそして快適な環境や競技
などの費用など、すべては私の仕事にかかっている。
制限された時間でも、私は精一杯2ワンズと接する
時間を取るようにしている。

最近、ちょっと考えることがあり、犬飼いって、競技
ってなんだろうって思うことがある。
平気で、人の気持ちを踏みにじったり、陰口や悪口。
あの犬は良い、あの犬はダメだというむちゃくちゃな
ことを言ったり。。。。
私が以前、馬乗りしていた時に、恩師に「自分のことを
棚に上げて、人の良し悪し、馬の良し悪しをする奴は
馬乗りになる資格はない。すべてを深く愛せよ」って
言われたことがある。
恩師は、人への指導は厳しかったけど、絶対ダメだとか
いう人でなく、馬に対する愛情はそれはすごく深かった。

なにげに想い出すのが、ナイスネイチャっていう競走馬。
ナイスネイチャは本当に記録よりも記憶に残る馬で、
競馬ファンも多い馬でしたが、そういう人気馬に育てたのは
なんといっても厩務員の馬場秀輝さん。
私は、会うことができなかったのですが、実際にあった友人
は、その人柄に惚れ込むほど馬への愛情そして人への愛情
が深く、ナイスネイチャのファン同様に馬場さんに会うのが
楽しみで厩舎を訪れる人も多かったらしい。

ナイスネイチャはかなりのヤンチャで厩舎の人を困らせて
いたらしいけど、馬場さんは決して怒らず、叩かず、
静かになだめていたらしく、ヤンチャなナイスネイチャは
ほかの人の言うことは聞かないけど、馬場さんの言うことは
聞いていたらしいし、引手なしでついてまわっていたという。

ナイスネイチャの引退を進言したのは、馬場さんで、
手入れしていた時に、足にカケラが飛んでいるのを見つけた
らしい、もちろんレースには影響がない程度だが、、年齢も
然ることながら、レースに出て万が一のこともある。
しかも、ナイスネイチャは有馬記念に5度出場し入賞をしている。
そして、今回も記録更新がかかっている。
マスコミ、ファン、馬主、調教師みんなが期待して、逃げれない
状況。。。そんな中で、馬主・調教師の前で涙を流し、「もう、
これ以上、あいつに頑張れって言えない。引退させてください。」
って訴えたそうです。
通常なら、厩務員は調教師へ進言できません。しかも、記録が
かかっている中で、、、周りが納得するわけがない。。。
しかし、「ネイチャのことを一番わかっているお前がいうのだから、
仕方ないよな。」って引退を決断。
そして、その引退には記録を期待していたファンもマスコミも
納得します。それは厩務員の馬場さんの意見だから。。。。

牧場へ帰る日に、ネイチャはいつもは進んで馬運車に乗るのに、
一向に乗らなかったらしいです。馬場さんとの別れが辛かった
のでしょうか?

競馬の世界で、無事に生まれた牧場に戻れる馬は、ごくごくわずかです。
経済動物というか、激しい競争社会。
でも、そんな中で、必死に馬たちを全力で愛した馬場さん。
動物を扱う人たちがみんな、こんな思いで接すれば、もっと動物たちは
幸せで、そして人を妬み僻み、陰口や悪口なんてなくなるのに。。。

馬場さんは、この数年後に交通事故でこの世を去ります。
その交通事故の理由が、競馬ファンとの交流を大事にしていた人柄
なので、たくさんのファンや人に囲まれ、この日も競馬ファンの人の
結婚式の帰りの事故だったとのこと。
本当に、馬にも人にも愛される人だったんだと思い、また直接
会えなかったことが残念でなりません。


私は、どんな形でもいい、犬たちと何かやっていきます。
その中で、いろんな人と接して犬も人も大事にそして愛せる
人でいたい。
もちろん、仕事もすべて愛に満ちあふれた生活を送りたい。

これからの犬たちとの生活、人との出会いに愛があふれること
祈ってます。
230PX-~1


スポンサーサイト
Comment
Comment list
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/15(Sun) 23:38 |   |  #[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list