M・シュナとボーダーコリーでフリスビーを楽しんでいます!!
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬たちと競技するって????
2012/10/16/ (火) | edit |
先日、シープ体験をして活き活きと羊を追う
ザッ君の姿、またたくさんの人と会話する中
考えちゃうことがあります。

ボーダーコリーって何なんだろう???
ボーダーコリーって犬種は他の犬種と違い、その毛並みとなか
体格とからでなく、牧羊犬としてのポテンシャルの高さゆえに
発展した犬種です。特にワーキング系は
※一部、私の主観が入っているので学説的には違うかもしれませんが、、、

牧場で仕事をする上では、彼らの能力は必要であり、その力は無限大!
しかし現代社会においては、彼らが能力を発揮する場所は少なくなって
おり、一般家庭では彼らの能力は持て余される。

そんな中で、彼らの生きるひとつの道としてドッグスポーツがあります。
ボーダーコリーはその知能と身体能力の高さから、すぐにその世界で
トップランクへ駆け上がっている。
競技の世界となると、やはりすこしでも強い犬を求めると、
ワーキング系の能力は郡を抜いている。私がディスクを始めた頃、
ボーダーコリーって毛がフサフサして優雅に走って、、、、って
そんなイメージを根底から打ち砕いたのもワーキング系と言われるボーダー
でした。
しかし、競技をすることが彼らの幸せなのか?
私は、このことを書く事が自分を否定するかもしれなくてこわい。
でも考えずにはいられない。
ウオッカ嬢とディスクを始めた頃は、ディスクを必死に追うウオッカ嬢の
姿がかわいくって、そして少しずつ成長していく姿が微笑ましかった。
でも、犬の成長と相反して、競技として勝ちたいっていう私の意識もあり
競技としての気持ちも芽生えました。
その当時、ボーダーを欲しいって思ったのは、もちろん競技をしたいから、
競技でいい成績を収めたい、目立ちたい。
それにつきるでしょうね。ハイ、そうです卑しい考えです。

でも、なかなか縁がないわけで、巡り合いもない。そして、そのうち、
競技について考え出しました。
競技ってなに?それって犬が求めていることなのか?ウオッカ嬢も
最初は楽しそうにディスクをしていたのに、だんだん楽しそうでなく、
競技に対して気持ちが離れてしまい、やめちゃおうって思いました。
理由の中には、競技だけに目が行き、犬のことがみれなくなる自分が
嫌だということ、本来ボーダーは牧場で仕事をするために生まれた犬
その本能を殺していないか?また、スポーツドッグはケガがつきもの、
万全なケアができない競技者が多いなか、自分がそういったケアが
できないプレーヤーになりたくない。などなど、とにかく犬の幸せ
ってなにって考えたわけです。

そんなときにめぐりあったのがザッ君でした。
ザッ君は、ワーキング系の血をひいたボーダーコリーです。
そういうと、中にはただ競技したいから飼ったんでしょ!
って思われるかもしれません。
でも、私はザッ君に競技を望んでません。私はただ彼と一緒に
暮らしたいだけでした。
ただ、遊びの中でディスクして、ザッ君が楽しそうにしている
姿にこちらも嬉しくなる。
じゃあなんで競技出ているのって、私は別に競技の枠にとらわれる
こともないし、公園でディスクして「すごいね~」って言われる
だけでもいいんです。
ただ、競技する仲間に素晴らしい人がいたり、彼らと会話したり
それが楽しい。もちろん競技に参加する以上は、真剣に戦いますが
勝敗、ポイントなんかより、大切なことがあると思うんです。
それは、競技中にどれだけ犬と会話したのか?
私は、競技会でプレーするプレーヤーと犬たちを見るとどれだけ
信頼関係が成り立っているのかわかります。
その競技のグレードが高い、低いに限らず、すごくいい関係の
チームは、犬と人との一連動作が綺麗ですし、思わず拍手しちゃいます。

ウオッカ嬢とのプレーとザッ君とのプレーでは違いもあります。
ウオッカ嬢はもともと愛玩犬として、また小型犬ゆえに不可能なこと
があります。
でも、ザッ君は身体的能力により、よりむつかしいことへの挑戦や
あたらしいステップを踏めるのです。
犬によって成長するってことがあります。
ただ、ここで勘違いしないで欲しいのは、ウオッカ嬢が劣っている
ってことはありません。ウオッカ嬢しかできないこと、優れている点は
たくさんあります。ウオッカ嬢は天才なんです。

私が、なぜ競技をするのか?それはただ素敵な仲間たちと素敵な演技が
したいだけで、ポイント・勝敗は目指してません。
私とザッ君がプレーする姿をみて、誰かの記憶に少しでも残れば
それだけですごく幸せだと思います。

そしてもちろん、ボーダーは本来、牧羊犬として生まれてきた犬です。
ザッ君ともたま~に牧場に行ってボーダの原点に触れたいと思います。
もちろん、ウオッカ嬢とのんびり草原を走りながら、、、、

IMG_1705_convert_20121015163355.jpg
IMG_1709_convert_20121015163507.jpg
IMG_1730_convert_20121015163756.jpg
IMG_1913_convert_20121015165138.jpg

スポンサーサイト
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
管理人の承認後に表示されます
2012/10/23(Tue) 09:02:38 |