M・シュナとボーダーコリーでフリスビーを楽しんでいます!!
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
救えるものなら、、、、
2012/10/10/ (水) | edit |
今日は終業間近でトラブルで、帰宅が少し遅れた
2ワンズはかなり待たされて、家に着くなり早速
グランドへトレーニング。

最近街灯がLED化したためかなり明るくなった。
また夜だと人がいないのでまさにナイター設備に
トレーニング場である。

今日は軽くオーバーやタップ。
2~3パターンのセグメントとディスタンスの
練習をしました。

ウオッカ嬢はママとディスタンスをしてましたが、
意欲を駆り立てるのがむつかしいみたい。
でも、一旦ハマるとウオッカ嬢は別人(犬)に
なります。

こうしてディスクを楽しめるのも、2ワンズのおかげ、
最初は、ウオッカ嬢教えるのに苦労しました。
基礎トレーニングのため、自電車と併走でウオッカ嬢を
走らせたり、ディスクで引っ張りっこしたり、とにかく
ディスクへの意欲、空中で取ることに喜びを感じるように、
また、訓練というよりも遊びとして、楽しくするなど、、、
最初の頃は、公園で練習していると、この人たち何しているのって
感じで見られたものです。

ウオッカ嬢もザッ君も競技に参戦し、そのためにトレーニングして
ますが、私は2ワンズを競技犬、ましてやディスクドッグって思って
ません。まっもちろん私がまだまだ何もできないのもそうですが、
彼らを、競技犬にもディスクドッグにもしたくないというか、
あくまでも、私たちの家族です。なので楽しく家族でゲームしている
って感じでしょうか???

私は、2ワンズと楽しく生活できればそれでいいんです。

さてさて、今日はネットをしていたとき、悲しい文章を拝見しました。
まだ子犬のミニチュアダックスが10頭 捨てられ保健所で保護されて
いるとのこと。でも保健所にいるということは彼らの命は限られて
います。
多分、彼らはペットショップなどで売れ残って捨てられてのでしょうか?
では何のために生まれてきたのか?ただただ、人気の犬種で無駄に誕生
させられて、残ってしまったらモノ同然に処分する。
なんか命を弄んでいるというか、、こういった生命販売ってどうかしてない?

ウオッカ嬢も元々はペットショップにいました。なんの因果か?
彼女は我が家に来ましたが、もし売れ残ってしまったら、、、
考えただけでたまりません。

人間がこの地球に誕生し、アフリカの大地から世界へ旅立つそばに、
一番身近にいた動物は犬だと言われています。
犬は人間とずっとそばにいて、人間の進化の上でかけがえのない
犬たち。

すべての犬たちを救うことはむつかしいことかもしれませんが、
せめて、悲しい犬たちが誕生しないようにできないものか?
そして、犬を飼うということは命を預かる、一生面倒みると
真剣に考えて迎え入れて欲しいものです。
スポンサーサイト
Comment
Comment list
むぅ……いつもアツさんの記事はすごく思慮深い考察がありますが、これは考えさせられる記事ですね……


私は、どんなかたちであれ生まれてきた命は、その命を全うするまで幸せでいてほしいと思います。虐待の子どもとかとも接したから余計にそう思うのかな。これは人間も動物もみな等しく。

ただ、ペットショップなどの動物は「人間の手で売られるために生まれてきた命」。なので、基本的にはどんな理由があれ、生体販売には反対です。動物も人間の里親と同じく、育てられる環境を持つ人と動物が出会い、マッチングで相性が合った子とともに暮らすのが「理想」だと思ってます。

多頭出産する犬や猫は、そもそも子孫を残すためにそういう生態になっているので、多くの子どもが生まれてしまうことまでコントロールするのは間違っていますが、「必要とされていない命」がペットショップで檻に入っているのを見るにつけ、なんとも言えない気持ちになります。

赤ちゃんだって、そのかわいさを感じたかったら友達とかの家でしか接することはできません。動物だって同じ。だっこさせてかわいさを感じさせて買わせるなんて違うと思うんです。


ただ、実際に販売される「市場」があり、売れ残って必要とされていない子たちがいるというのも「事実」。その子たちを前にして、需要と供給の関係で言う需要がなくなれば供給も断たれるはずだから、今回は悲しいけど10頭すべて見殺しにするのが最前だ、というのもあまりにも切なすぎますよね。

買っちゃうと売る側が図に乗るから買わないでほしいけど、そこにいるのは「命」なので買うこと自体は否定はできない。でもそれで儲かると思う売り手がまた生き長らえてしまう……。すごく難しい選択ですが、少なくともウォッカちゃんがアツさんと幸せに暮らせているという事実が、少しだけ悲しい気持ちを和らげてくれる気がします。

ペット「ショップ」じゃなくもっと自然なかたちで、犬や猫と巡り会えるペット「スペース」みたいな場所が作られて、幸せになれる時代がくるといいですねぇ。

なんか重たい文章ですみません^^;
2012/10/15(Mon) 23:45 | URL  | たけぶっちゃん #-[ edit]
たけぶっちゃん
コメントありがとう!!すごく深いコメントありがたいです。
本当に、こんな記事をみたり、もちろんペットショップ行くと腹立つよ。生命売買って、命をモノってかんがえているってことでしょ。犬たちは自分たちで人生を決めることって不可能だし、生も死も人間がコントロールしていって、なんだか人間って何なんだろう?そんな、私もペットショップでウオッカ嬢を飼ったやんって言われたそうですが、、ウオッカ嬢が幸せかわかりませんが中にはそのような家族の中で生きている子もいると
思います。ただ、市場とか買い手がいるから、
そのような生命を無謀に誕生させるのも事実。
私が嫌いな言葉でパピーミルって言葉がありますが、生命を冒涜しているといつか罰があたるって思うんです。
私も、この問題には犬飼いとして悩みますし、
もっとたくさんの人に考えてほしい問題って思います。
2012/10/16(Tue) 23:27 | URL  | ウオッカ ザルカヴァのパパ #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
管理人の承認後に表示されます
2012/10/23(Tue) 09:02:43 |