M・シュナとボーダーコリーでフリスビーを楽しんでいます!!
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
競技犬と家庭犬って、、、、
2012/10/09/ (火) | edit |
最近、だんだんと涼しくなってきました。
仕事から帰って、いつも2ワンズと練習
しますが、、、最近はすぐに暗くなるし、、
ライト設備が充実した広場が欲しいな~。。。。

さて、そんな中で私は競技にもトレーニングにも
悩み中です。
ここのところ、進歩がない。
進歩がないっていうのはザルカヴァのことではなく、
問題は、私にあるのですが、、、、
ザッ君は、本当に全国から探しに探し抜いた子で、
これ以上にない能力を持っているって私は思う。

でも、問題は私がきちんとしたトレーニングや
ザッ君にあう指導ができないことにある。
もっともっとすごいのに、、、っていつも思いながら、、、

ザッ君がきて、競技に参戦する楽しさや厳しさを改めて
学んでいるのですが、、、、
最近、競技犬と家庭犬って考えることがあります。

私は、最初から学んだ先生に、家庭犬として万全でないと
競技犬としてはダメだって言われていたので、ウオッカ嬢
にしても、またザッ君にしても、どこに出しても恥ずかしくない
また家にいて一緒に普通に生活できるように育ててきました。

以前、いろんな勉強をしたくて犬の訓練所に行ったことがあるの
ですが、そのとき言われたのが、「スポーツドッグをしている人
は、競技でいい成績に頭がいくので、しつけがめちゃくちゃな
ことが多い、家庭犬だから競技犬だからって考えは日本だけで、
海外ではマナー違反ですよ」ってことを言われたことがある。
※ちなみに、2ワンズは褒められましたが、、、、

私も競技に参戦すると、競技のことで飼い主も犬も血がのぼり、
躾ができてないやんって思うこともしばしばです。

海外では、家庭犬っていっても警察犬なみのしつけがされている
犬もたくさんいますし、マナーの面では日本は曖昧すぎるのでは、、、
って、私もこの点はすごく反省していますが、、、、、

私は、ザッ君という最高のパートナーを得ましたが、犬の飼い方
やディスクの教え方についてはウオッカ嬢がいたから学べました。


もちろん、競技で上を目指すには、強いパートナーが必要ですし、
人間がさらにトレーニングする必要があります。
でも、競技の前に、犬としてのマナーがあっての競技犬だと
思うんです。。。。。

ってちょっと物思いにふける秋の夜
スポンサーサイト
Comment
Comment list
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/10/10(Wed) 11:27 |   |  #[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list