M・シュナとボーダーコリーでフリスビーを楽しんでいます!!
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
休み最終日
2010/01/05/ (火) | edit |
今日は、先生との今年初練習の日。

ウオッカは朝、勢いよく外に飛び出たのですが、、、
余りの寒さに、すぐに私の布団に潜り込みました。。。
それでも、「ウオッカ、フリスビーするよ!」って
いうと、また飛び出してきて、袋からフリスビーを
取り出しコタツへ、、、、。

今日は、投げ練習をメインに行うために広い公園で
練習することにしてました。

自分で自主練習する時は気がつかない点を、先生が
アドバイスするとマジックのように安定した軌道で
フリスビーがうまく投げることができます。

普段練習するとき、ウオッカに取らせたいという気持ちが
あり、短い距離で投げるのに力を抜いてしまったり、回転
が弱まったり、投げる角度が甘かったり、、、とウオッカ
にとっては逆に取りにくい不安定な軌道になってしまいます。
短い距離を投げるときでも力を抜いて投げるのではなく、
角度や回転は遠くに投げようが、近くに投げようが変えては
いけません。
また、指の使い方、風の読む、目的の捕らえ方などなど、
フリスビーをただ投げるのではなく、安定した軌道で
投げるのを極めるのは難しいと改めて考えるのと、先生の
すごさが改めて思われました。。。

今日の講師犬のデジタル嬢と模擬練習をすると、絶対に
取ってくれるっていう安心感があり、投げることだけに
集中できます。
下手なパパが投げるフリスビーも横っ飛び一発でバシッ
気持ち良いキャッチをしてくれます。
ちなみにデジタル嬢はパパもママも憧れのワンちゃんで、
この競技を初めて観戦したときに、ママが「このワンちゃん
かっこいいね。」って言ったのがデジタル嬢でした。
そのときは、まさかこんな風にフリスビーの講師犬として
一緒に練習できるとは夢に思いませんでしたが、、、。

デジタル嬢の感覚を持ちつつ、次にウオッカと練習すると、
最初はいい具合かとおもいつつも、やはりパパの気持ちが
弱気になり、不安定な投げになります。
フリスビードックは犬のモチベーション・テンションを高く
してあげないといけません。
ウオッカはテンションが上がるのですが、テンションを持続
させることができません。
すぐに冷静になり、他のことに気を取られたり、、、。
そうさせないためにも、飼い主がコマンドをかけたり、ほめたり
としないといけませんが、パパはついコマンドが単調になりがち
で、テンションを持続させるのが下手です。

まだまだ競技を始めて一年も経っていません。
ついつい焦りがちですが、じっくりゆっくり着実にウオッカを
育てたいと思います。

とにかく投げ練習をして、フリスビーが安定した軌道になるように
がんばろうっと、、、。

さてさて、今日で長い休みも終わりです。
明日から仕事開始!!

ふ~。。。。

105_convert_20100105205920.jpg
今日は雪が降っていて寒かったね。。。。
スポンサーサイト
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list