M・シュナとボーダーコリーでフリスビーを楽しんでいます!!
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
極める難しさ。。。。(今日も文字だけ、、、)
2011/11/21/ (月) | edit |
土日の合宿セミナーが夢のように楽しく、またすごく勉強になり、
大満足だっただけに、現実に戻されるといやはやである、、、
今日は、朝から筋肉痛に悩まされました。。。。

仕事中も、セミナーで講師の方から言われたことや、トレーニング
が頭から離れず、ちょっとした時間になぜか体がディスクを投げる
フォームをしていたり、、、(仕事はまじめにしてますよ、、)

家に帰ると、もうママとウオッカ・ザッ君と公園へ!!!

ウオッカはママとトレーニング!
いままでのウオッカとは違い、意欲的で野性味がでてきたな~!
M・シュナはもともとネズミを食い殺し退治していた狩猟犬です。
愛玩犬ではないのです。
ウオッカが本気でディスクを追うときはまさにハンターです!
シュナでスポーツするって本当に楽しいですよ。

さてさて、ザッ君。。。
ザッ君には今は褒めることを重点的に、まずはコマンドに従ったら
きちんと褒める。ディスクやタグでの引っ張りっこ。
ローラーやディスクを投げる場合も、短い距離でジャンプさせずに
とにかく今は、パパに褒めてもらえる喜びと信頼関係をしっかりと
結ばないといけません。
前は、しゃがんで呼び寄せて、手元までもどっていたのですが、先日
のセミナーではしゃがんで呼び寄せるのは犬と信頼関係がもてていない、
、またザッ君は仔犬。飼い主と離れることで不安を感じているとのことで
今は手元が悪かろうが、もどってくるディスクよりもまずは褒めるなでる。
そして、コマンドを伝え、正しい動きをしたらまたディスクのご褒美!
セミナーのときは、講師の方や受講者の方に見守っていただき安心できたの
ですが、自分たちでトレーニングしていると不安だし、できないと本当に
これでいいのか?迷います。

今は、講師の方の指導を信じること。そして「上を目指そう!」っていう
力強い言葉。
セミナーの採点表に「Don't Worry. Be Happy!」って言葉をいただき、
いまは、クヨクヨせず、不安にならず、上をみてママとウオッカ・ザッ君と
楽しく常に前を見ていきたいです。

今回のセミナーでうれしかったのは、競技会にパパ・ママとウオッカが
参戦していたこと知っていた方がいたことや、最近大会に参戦していない
ことを心配しているとのことをお伺いし、もしこのブログを見ていました
ら、ご安心ください。ウオッカは競技をあきらめてません。
あくまでも競技犬として今は準備しています。
もちろん、新たな家族・チームのメンバーとなったザルカヴァにとっては
今の大事なときです。ゆっくり準備しています。
また、いつかは競技へと目指していきます。そのときはまた応援してください。
そして、新たな家族のザルカヴァも同様に暖かく迎えていただきたいです。

今回のセミナーを通して感じたことは、犬を育てるのは(特に競技犬は)飼い主
だけではありません。みんなが自分の犬と同様に応援し手を差し伸べることにより
成長していきます。飼い主だけではできないことがたくさんあります。
私は、ウオッカ・ザッ君だけでなく、すべての犬たちが幸せに、またみんなが成長
できるように、他人を否定せず、互いに高めあい、尊重しあい、みんなで成長し
高いレベルで競技していく関係を持ちたいです。(ちょっと生意気なパパ、、、、)

そんな考え方を持てたのも、私が尊敬するプレーヤーのYさん、セミナの主催者のN夫妻
そして今回のすばらしい講師の方々のおかげです。
皆さんに近づけるように、これから精進いたします!!!!!
スポンサーサイト
Comment
Comment list
こんばんは
合宿セミナー、初めて聞きました。
犬を含め、家族の一体感や信頼関係の強さを感じましたし、シュナウザーがっ!!って驚きました!
また拝見しに来ます。
頑張ってください!応援してます^^
2011/11/22(Tue) 00:02 | URL  | コロママ #-[ edit]
コロママ さん
こんばんは!
コメントありがとうございます。
そうなんですよ!シュナは賢い上にすばらしい
狩猟犬なんです。
また、人間の知能を持った犬といわれるほど
ものすごく感情豊かな犬種なんです。
私は、まだまだ未熟ですが、シュナとボーダー
で楽しく競技できて、そのちょっとしたことを
ブログで報告できればって思います。
よろしくお願いします。
2011/11/22(Tue) 19:09 | URL  | ウオッカ・ザルカヴァのパパ #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list